ミラクルニキが楽しい

っかくブログを始めたので、最近ハマっているものについて書きたいと思います。

最近TwitterのプロモーションやRTで更に知名度が高まってきているスマホのアプリゲーム、お着替えコーデRPG「ミラクルニキ」をご存知でしょうか。

普通の女の子「ニキ」(画像左)が飼い猫の「モモ」(画像右)と共に異世界に飛ばされ、行く先々で出会う人々とコーデバトルをしながら冒険するという設定のゲームです。
この世界ではオシャレかどうかが全てです。価値の高いデザインを巡って国家間で戦争まで起きます。中々シビアで狂った世界です。

f:id:p___f8:20170214071600p:plain



「ミラクルニキ」、そのタイトルから広告が表示される度にツイッターランドの住民達から散々オモチャにされてきました。私も初めてタイトルを目にした時は華やかなイラストとタイトルから受ける印象とのギャップにギョッとしました。

奇跡を巻き起こすアニキのストーリーではありません。
ご覧の通りニキは大変可愛らしい少女であります。おまけにCVは花澤香菜さんときています。可愛くない筈がありませんね!

このゲーム、実は中国初のシリーズもののようです。ニキ、という変わった名前も中国のゲームということなら納得。



そもそも何で私がこのゲームをインストールしたかというと、元々着せ替えゲームが好きだからです。その昔、プーペガールにも登録して私物である安物のポーチやらワンピースやらを一生懸命写メしてアバターを集めていました。(私物の写真を投稿するとアイテムが手に入るというシステム)

ゲーム性の有無は特に気にせず始めるものの、その多くは「課金をしないと可愛いドレスを手に入れる機会が全く与えられない」ので貧乏中高生の私は結局長続きせずフェードアウトしていきました。
サービスが終了していなければ今も私の安物のポーチや地味なワンピースの画像は電子の海を漂い続けているでしょう。

そういった背景もあり、ミラクルニキをインストールした際もゲーム性には期待していませんでしたし、一週間もすればこのアプリもホーム画面で長押し→×ボタンの末路を辿るんだろうと思っていました。


しかしミラクルニキはただのお着替えゲームではなかった!!!


ミラクルニキには他の着せ替えゲームにはない「面白ポイント」がいくつも散りばめられています。
そのいくつかを紹介したいと思います。


①【オシャレじゃなくてもいい】
このゲームには大雑把に言うとメインストーリーモードと、他プレイヤーとスコアを競う「コーデコロッセオ」や決まったテーマのコーデの人気を競い合う「コーデ品評会」といった要素があります。

ストーリーモードやコーデコロッセオについて言えば客観的に見て「オシャレ」である必要はまっっっったくありません。

f:id:p___f8:20170214074908p:plain


「シンプルでキュートなコーデ」だの「華麗でエレガントなスタイル」だの注文をつけられ、バトルを受領するとこういった着せ替え画面に飛びます。画像では右側に持っている髪型の一覧が表示されています。ハートの数はアイテムのレアリティを示しています。


f:id:p___f8:20170214075606p:plain


見たいアイテムを長押しすると詳細画面が表示されます。

右上にある「華麗」「エレガント」がこのアイテムの持つ属性です。

今回受けた指示が「華麗でエレガントなコーデ」であれば属性が一致しており、尚且つレアリティの高いこの髪型に変えれば良いわけです。


NPCとのバトルでは、客観的にオシャレである必要はないのでこの場合はとにかく手持ちの中でレアリティの高い「華麗」で「エレガント」な服をニキに積みまくれば良いのです。


レアリティと属性だけ見て脳死状態で着せ替えまくると...





f:id:p___f8:20170214081352p:plain


こうなります。

華麗でエレガントな女性、というより「氷を司る死神」の方が客観的な印象としては近いですね。口から氷の息吹を出し、左手には命を刈り取る鎌を持って、その足元には命を奪われた者たちの頭蓋骨が散らばっています。ほとんど化け物です。


この格好でオシャレバトルをしにいきましょう。


f:id:p___f8:20170214082116p:plain


命を刈り取る武器で対戦相手がやや見切れていますが、どう見ても相手の方が華麗でエレガントですし色もまとまりがあってオシャレです。


f:id:p___f8:20170214082046p:plain


ボロ勝ちします。氷や武器による攻撃で退けた訳ではなく、然るべきコーデバトルでの正当な勝利です。


このように、基本「客観的なオシャレセンス」が問われず脳筋プレイで遊べるところが、誰でも気兼ねなく遊べるポイントだと思います。



②【NPCがめちゃめちゃ辛辣】

コーデバトルの際に、スキルという技を使うことがあります。プレイヤーも勿論使えますが、相手もスキルを用いてこちらの妨害をしてくるため中々厄介です。


その一つに「厳しい視線」というものがあります。コーデバトル審査で相手に厳しい視線を浴びせてプレッシャーをかけてスコアを下げてしまうというもの。

スキル発動時には各キャラ決まった台詞を言うのですが、例えば


f:id:p___f8:20170214083824p:plain


確かにヒドい格好ではありますが、こんな暴言を浴びせてきます。この画像だと正論過ぎてあまり暴言感が伝わらないのが残念です。


f:id:p___f8:20170214084122p:plain


この子には「最悪」とまで言われてしまいます。先の画像に比べれば大分マシだと思われますが、厳しい視線がマイルドになることはありません。


また、バトルで負けたり低評価だったりすると飼い猫のモモがかなりキツい苦言を呈してきます。

「恥ずかしいから隣歩くときにこっち見るな」だの「軍の制服を着ていた方がマシ」だの可愛い顔してめちゃくちゃ言います。ぶっちゃけモモにディスられた時が一番凹みます。モモのCVは大山育江さんで超キュートなのですが、バトル終了時のモモにボイスが付いていないので淡々と文面で叱られて終わります。


f:id:p___f8:20170214090205p:plain


アイテムの説明欄でも謎の毒舌を発揮。


ファンシーな世界観に反していやにリアルな皮肉が満載なところも個人的にミラクルニキの大きな魅力だと思います。


③【無課金で遊び尽くせる】

ここが一番大きいと思います。ソーシャルゲームにおいて当然になっているガチャの重要度が非常に低い。ましてや課金の必要性もほとんどない。


現在私は1000弱の着せ替えアイテムを保有していますが、ほぼ無課金です。

唯一している課金も初回120円チャージで期間限定アイテムプレゼント、といったキャンペーンで可愛いと思ったアイテムがあった場合は120円払う、といった感じなので現時点で1000円も使っていません。


また、ソシャゲにおいてかなーーーり重要である「石」(ミラクルニキでは「ダイヤ」)がデイリークエストをこなすだけで最高60個近く手に入ります。レアリティの高い10連ガチャを回すのに1500個のダイヤが必要ですが、ぶっちゃけすぐ集まります...。


なので「石」が重要、希少でない!気軽に割れる!課金プレイヤー、無課金プレイヤーに大きな差がつかない!ということです。これも敷居が低く色んな人が気軽に楽しみやすい要素の一つではないでしょうか。



初めてのまともな投稿にして死ぬほど長くなってしまいましたが、


以上が私が特に面白いと感じたミラクルニキの魅力です!


とにかく手に入るアイテムがロリータやドレスのファンタジーなものから、日常的なアイテムまで幅広いので自分でテーマを決めて再現してみると面白いかもしれません。


最後に私が作ったコーデをいくつか載せたいと思います。


f:id:p___f8:20170214092429j:plain

「オフ会に行く腐女子


f:id:p___f8:20170214092511j:plain

「日本酒が好きな自称おっさん系女子」


です。


とりあえずログインボーナスを貰ってこようと思います。


また!

はじめまして


はじめまして。はちやと申します。


友人の勧めでブログを始めることにしました。


どういった内容を発信していこうか、書きながら考えていこうと思います!


よろしくお願いします。